スピーカーケーブル

音楽
04 /29 2007
ちょっとマニアックな話になりますが、
スピーカーをつなぐケーブルを交換しました。

ふつうは付属のものを使います。
音が出ないわけではないので、構わぬというのがふつうの人です。

僕は小学生高学年の時分から
秋葉原を一人ウロウロしていたので、
ケーブルのみを扱う店を目にしては
随分たくさんの種類があるなあと思い、
高校のときにオーディオを手に入れてから
スピーカーケーブルを交換したりしていました。

太くて重いケーブルがいいといわれていて、
そういうのを使っていたので
ここ20年近く交換していませんでした。

先日のイベントの景品で
ミニコンポ用の短いケーブルをもらったので、
それをつけてみたら、びっくり。
音がはっきりして、前に出てきました。

こんなに変わるものかと思い、
オーディオショップの友人に相談して、
Audio Technica / AT-ES1400 を買いました。

付け替えてみると、今度はさらに音がはっきりして...
ってわかりづらいですね。
「今まで聴こえていなかった音が聴こえる」とよく言うのですが、
人の声が小さく入っているのが聴こえるとか
弦がビリビリいう音が聴こえるとか
ベースの音がモコモコしていたのが音程がわかるようになる
のです。
さらに今回は特にジャズの場合、
楽器の配置がはっきりとわかるようになりました。

何度も聴いたCDで試しました。
ながら聴きではなく、正面で向き合って聴いていたはずです。
なのにいままで気づかなかったのです。

僕の場合アンプやスピーカーも15年くらい前のものなので
もっとよくなるのかもしれません。
でもしばらくこれで楽しめそうです。

国立新美術館

江戸東京
04 /26 2007
ゴールデンウィーク前半は天気が良さそうです。
妻とどこに行こうかと話していたら、
国立新美術館に行きたいとのこと。

混まないうちに行こうと
娘をベビーカーに乗せて、午前中に家を出ました。

曲線を描く外観!
0607.jpg 6072.jpg

中に入ると立体的!
2127.jpg 1272.jpg
設計は、あの黒川紀章氏です。

6074.jpg
でもやっぱり混んでいました。
有閑な人たちでいっぱいです。
あ、僕たちもそうかも。



建物に感動して、
それですっかりお腹がすいてしまいました。
展示も見ずに、ランチへGO!

地下1階のミュージアムショップも充実。
1276.jpg
見覚えのあるラジカセが展示してありました。
学校の先生が英語で使っていたものです。
変なことを覚えているものです。

自転車

仕事
04 /24 2007
先日のマッサージでも自認しているとおり、
日頃の運動不足を感じています。

というわけで、
近場の打合せには自転車で行こうと思います。
交通費節約にもなるし...。

数年前に買った自転車は、ほとんど乗られることなく、
駐輪場でほこりをかぶっていました。

久しぶりにほこりを払い、
自転車屋さんで
タイヤに空気を入れてもらいました。




心なしか、自転車も元気を取り戻した感じです。

だからブレーキをかけると、
「キュー!」
と甲高い音を発します。
これを元気ととるか、嘆きととるかは、乗る人次第です。

これで、体重も節約といきたいところです。

my-musicstyle vol.1

音楽
04 /22 2007
昨日、銀座で行われた「my-musicstyle
というイベントに行ってきました。

“GOODSOUNDS FOR YOUNGER GENERATION”
という謳い文句にもありますが、
オーディオに関するイベントです。

オーディオといえば
クラシックとかジャズを聴くためのもの
というイメージが強いですが、
ロックやポップスを聴く人にも
「いい音で聴きたい」という願望はあります。

僕はこのイベントをインターネットで偶然知りました。
もともとオーディオには興味があるのと、
※オーディオマニア禁制!”の文字に
安堵と期待をもって臨みました。

会場に入ると、
mmstyleいきなりヘヴィメタルがかかっていました。
しかもその後ろの人は少し首を縦に振っていました。
オーディオショップでは見られない光景です。
しまった、僕もメタルを持ってくればよかった...




置いてある機器は手の届く価格帯ですし、
スタッフの方々の対応もフレンドリーでよかったです。
でも、まだオーディオマニア向けの匂いがします。
照明や内装、座席の配置を工夫すればもっとクダけると思います。

コンセプトは大いに共感し、次回に期待です。

地下鉄デビュー

育児
04 /21 2007
ベビーカー2度目にして、
地下鉄デビューしました。
地下鉄←わかりづらい写真ですみません。娘の足と地下鉄のドアです。






初回ですし安全を考えて、
エレベーターを積極的に利用してみました。

地上から改札のある階に下りて、
改札まで歩いてホームのある階に下りる、
電車に乗る~~~降りる、
ホームのある階から改札のある階に上がり、
改札を出て、地上に上がりたい...

が、出口の階段のところまではあるのですが、
あとは階段を使わなければなりません。
戻って、駅員さんに聞くと、
ないですね」ときっぱり。

エスカレーターを利用しても、
最後はやはり階段が待っています。
そうなんだぁ。
軽いベビーカーでよかった。
軽いベビーでよかった、今は

地上までエレベーターできない駅って結構あるみたいです。
で、東京メトロさんがんばっているみたいです。

新橋ロックバーにて

音楽
04 /20 2007
昔からの仲間が集まって、
今年の夏か秋くらいにちょっとした
ミニイベントを実行すべく、
計画することになりました。

場所は、新橋の70'sロックバーROCK&POP'S BAR SLEEP WALKにて。
夜7時過ぎでしたが、
集合場所に向かう途中、
もうすでに酔っ払っているおじさんを見かけました。
何時から飲み始めたのでしょう?
さすが、サラリーマンのオアシスです。

集まった仲間は、いずれも音楽好きのツワモノばかり。
最年長の僕ではありますが、
ついつい時間と歳を忘れて、はしゃいでしまいます。

検討しなければいけない項目がたくさんあるのに、
好きなミュージシャンや曲の話に終始してしまい、
決まったのは、「イベント名」だけでした。

あとは、「ネットでアイデア出しということで」。
それなら最初からネットで...。
でも、集まるのが楽しいんですよ。

イベントについては、乞うご期待!

遊びすぎ

育児
04 /18 2007
娘を膝に乗せて、
膝をみぎ、ひだり、みぎ、ひだり、みぎ...

娘、よろこぶ。

首をひだり、みぎ、ひだり、みぎ...
娘も首をみぎ、ひだり、みぎ...

途中で飽きるかと思いきや、さにあらず、よろこぶ。
よーし、ちょっとした運動だ!みぎ、ひだり...


あれ、あれれれ、

首筋が痛いぞ

背中もなんか痛いです。
夜、寝ようと思ったら、寝返りさえ、つらいです。


というわけで、
今日は朝からマッサージに行って来ました。
湿布の香りプンプンです。

情けないです。日頃の運動不足が原因なんです。

近所のマッサージ屋さんは、整骨や鍼灸も兼ねていて、
平日の朝一だからでしょうか、
お客さんは、お年をかなり召した方ばかり。

先生も、お客さん同士も知り合いのようで、あちこちで世間話。
「うちの息子がさあ...」
「これ、明日まで内緒だからね...」
「あの人、まだ来ていないね...」
銭湯のような下町風情のコミュニティが
マッサージ屋さんにできていました。

マッサージ気持ちよかったし、また行こうっと。

娘の好きなおもちゃを紹介します。
ビビッドな色あいが受けています。
次回から、僕が動くのではなく、おもちゃを動かします

Sassy バズン・バイツ Sassy バズン・バイツ
()
SASSY

この商品の詳細を見る

Sassy スマイリーフェイス ・ ラトル   Smiley Face Rattle Sassy スマイリーフェイス ・ ラトル Smiley Face Rattle
()
SASSY

この商品の詳細を見る

おやつは蕎麦

江戸東京
04 /17 2007
ご縁あって、また神田の会社で打合せとなりました。

打合せは夕方からでしたが、せっかくなので
家を早めに出て、少しだけ神田巡りすることにしました。

まずは「まつや」で、もりを一枚。
まつや(そば)午後3時過ぎだと普通「お茶」の時間ですね。
近くにスタバもあるのですが、
僕にとっては、こちらのほうが落ち着くな~と、
そば湯をいただきながら、思いました。



そのあと、
ヤマギワリビナにてオフィス家具をみて、
ダイナミックオーディオ5555にて気になるスピーカーの試聴、
石丸電気SOFT3(ジャズ&クラシック専門)にて澤野工房もののDVDを購入、
そして、打合せ5分前に到着。

春雨の肌寒い中、充実した午後を過ごせました。

家で仕事

仕事
04 /16 2007
通勤時間0分、
パジャマOK!、
勤務時間、休憩時間自由...
どうです?この条件。こんな会社があったらいいですね。

でも、給料は自分で稼いでください、というのが
ゼロからの起業です。

資料を作ったり、参考になるものを探したり、
パートナーと連絡をとったり、
パソコンを中心に家で仕事をすることが多くなります。

僕は場所をあまりとらない、ノートPCを使っています。
あるとき、キーボードを打っていて、
いつのまにか肩をいからせて、手首がひきつっている
ことに気がつきました。これは疲れるな~と。

そこで購入したのが、↓です。
KOKUYO EAS-PL2TB ノートPCラック(快ラック)クリアカラー KOKUYO EAS-PL2TB ノートPCラック(快ラック)クリアカラー
()
コクヨ

この商品の詳細を見る

IMG_2321.jpgノートPCを載せるとこうなります。PCの後部を浮かせることができて、キーボードに傾斜ができ、手を自然にのせることができるようになります。手首があたるところにパッドが着いているのでノートPCの厚みも気になりません。


IMG_2324.jpgさらに、ノートPCを使わないときは、PCを持ち上げるとスッとパッド部分が引っ込んで、その場にPCが立ちます。



IMG_2322.jpgすると、狭い机の上に、参考書を広げられるくらいのスペースが生まれます。




僕の場合これに加えて、好きな音楽をかけながら、
なかなか快適な仕事環境になっています。
子供の泣き声に気が散りながら...。

外に行くだけで

育児
04 /13 2007
暖かくなって、
子供をだっこひもに寝かせて
出かけることが多くなりました。

横抱きのせいか、歩き出すとすぐ眠ってしまいます。
立ち止まったり、椅子に座ったりしていると、
いつの間にか目をパッチリ開けて、
あたりをキョロキョロ。

見慣れている僕の顔はほとんど見ない。

周りの動くもの、光るもの、音がするものに
気をとられています。

妻が母親教室で子供と出かけて、
帰ってくると、
いままで出したこともない声で叫んだり、
初めて見るしぐさをして、
驚かされます。
きっと周りの子供や知らない大人のことを
じっくり観察しているのでしょう。

この冬、家にずっといたときよりも、
春になって、外に出ることで、日々変化し成長する娘。

お乳と睡眠だけで、育っているわけではないことを知った父親。

Quartet

音楽
04 /11 2007
Quartet / Metheny Mehldau Quartet

カルテット カルテット
ブラッド・メルドー パット・メセニー (2007/03/28)
ワーナーミュージック・ジャパン

この商品の詳細を見る


パット・メセニーのファンです。

ギターを弾く僕としては、
弾きにくそうなな弾き方で、
独特なサウンドを出しながら、
ギターのフレーズとは思えない音使いをするので、
真似しようなどとは全く思えません。

彼の作る音楽そのものにどっぷりと浸かることで、
眼の前に違う風景が現れて、
時間から解き放たれるようです。
パット・メセニー・ミュージックのファンなのです。

今回は、いつものグループではなく、
別のピアノと一緒に演ったものの2作目です。
なので、メセニー・ワールド全開というより、
個性と個性が、眼の前で身近に、会話を繰り広げているようです。
前作と違うのは、ベースとドラムも加わり、
会話により熱が入ったという感じでしょうか。
より親近感があって、リラックスして聴けます。


遊び相手

育児
04 /09 2007
生まれて数ヶ月の彼女とは、
育児パパという関係よりも、
「遊び相手」という感じです。

しかも、僕のほうが彼女に、
遊び相手に なってもらっている のです。

物は言いようで、
自主的育児休暇とか起業などと申しておりますが、
つまり失業状態にあるわけで、
赤ん坊と一緒にいられる時間がたっぷり欲しかったんです。

迷惑そうな顔や
面倒くさそうな愛想笑いや
泣いて嫌がることも多々ありますが、
だいたい、遊んでくれます。

昨日は、こんなオモチャが届きました。

883 へんしん3WAYメリージム 883 へんしん3WAYメリージム
(2004/06/01)
ローヤル

この商品の詳細を見る


子供グッズが増えるのは、嫌だな~と思っていた僕ですが、
届いてみたら、
セットアップに夢中なのは、この僕でした。
初日の彼女は5分で飽きましたが、
僕は1時間くらい、楽しませてもらいました。

父親というのは、肩書きだけで、
実質、親らしい仕事はしておらず、
(稼いでさえ、いない...)
オムツとっかえごっこや
お風呂タイムさえ、
じゃれ合っているだけの「遊び相手」なんです。

Memories Of You

音楽
04 /08 2007
Memories Of You / Ken Peplowski Quartet

メモリーズ・オブ・ユー(紙ジャケット仕様) メモリーズ・オブ・ユー(紙ジャケット仕様)
ケン・ペプロフスキー・カルテット (2007/02/21)
ヴィーナスレコード
この商品の詳細を見る


いかがわしいジャケット。

「メモリーズ・オブ・ユー」といえばベニー・グッドマン。
ベニー・グッドマンのベストは
たぶん中学生くらいに初めて買ったジャズ系LPでした。
クラリネットの優しい響きが好きなのと、
ノリノリ(スイングですね)が楽しかったんでしょう。

ベニー・グッドマンのその演奏とは違って、
ゆったりとしていて、ほろ苦で、
かなり濃厚な味わいです。
深夜をより濃厚に...

しかし僕は育児で就寝が早く、
濃厚になる前に眠ってしまいます。

公式テキスト

江戸東京
04 /05 2007
東京シティーガイド検定の「公式テキスト」を取り寄せました。

大江戸東京の歩き方 東京シティガイド検定公式テキスト 大江戸東京の歩き方 東京シティガイド検定公式テキスト
財団法人 東京観光財団TCVB (2006/07/01)
ダイヤモンド社

この商品の詳細を見る


題名からもわかるように、
「地球の歩き方」編集室によるものです。
約240ページにわたる詳細な解説と、
東京の「今」に至るまで掲載されていて、
読むのは面白そう。でも覚えられるかな~。

このテキストをインターネットで探していたときに、
こんなページを発見しました。

『大江戸東京の歩き方 東京シティガイド検定公式テキスト』
正誤表 並びに ご質問へのお答え


なんと、正誤の数、48ヵ所!
「≪お寄せいただいたご質問へのお答え≫」6項目。

さっそく自分の本にも、校正...じゃなくて修正をいれてみましたが、
あまりの多さに溜息が出ました。

そりゃ検定に使われる、「公式」テキストですもの、
間違ってちゃいけません。
いろんな人が指摘したんでしょうね。
ご意見番の方々の語り口?が目に浮かびます。

インターネットをやらない人は、どうするんでしょうか。

そんな神田で

仕事
04 /03 2007
大学を卒業して20年目の春を迎えました。

街行く新社会人の姿は、やはり初々しくていいものです。
一見してわかるものですね、
スーツが新しくて、体に馴染んでいないのです。

僕が就職した頃と比べて、
会社のあり方も多様化したように思いますし、
新社会人にとっても情報量が多くて
感じ方も多様化しているのではないでしょうか。

大学ではギターばかり弾いて
ほとんど何も考えること無しに就職した僕を待っていたのは、
上司に怒られる毎日でした。
厳しい上司の下に入ってしまったと思ったものですが、
今から思えば、
出来の悪い能天気な部下をもった上司のほうが大変だったと思います。

同時に、社会人として大切なことは
すべてこの上司から教えてもらいました。
僕はこの会社を4年数ヶ月で辞めた後、
いくつかの会社を転々とするのですが、

20年目の春の今日、
JR神田駅の東口で待ち合わせをしたのは、

その上司でした。

起業をするならと、神田にある会社の
ある人を紹介してくださったのです。

そんなにしょっちゅう連絡をしていたわけではありません。
相変わらず出来の悪い「弟子」であるわけです。
だからこそ、非常にありがたいことなのです。

新社会人を見ていて、
「いい上司に出会えたらいいなあ」と思います。

就職活動中は、出会わなかったかもしれません。
でも、配属になった部署の上司は、
もしかしたら、いい上司、かもしれませんよ。

神田

江戸東京
04 /02 2007
小学生から大学生にかけて、
遊び場といえば、秋葉原、御茶ノ水でした。
電気街、オーディオ、レコード~CD、楽器、本屋
隣町に住んでいたので、散歩や自転車でグルグルしていました。

秋葉原も御茶ノ水も駅名ですが、地名には「神田」が付きます。
僕の原点は「神田」にあり、とは大袈裟ですが。

もちろん、今だに行くと心が躍ります。
街並みが変わってしまったところもありますが、
それでも好きなものは残っています。

いわゆる下町といえば、
下谷・神田・根津・本所・深川・向島・日本橋・京橋・浅草など」です。
そのどれもが、僕にとっては遊び場であり、思い出の地なのです。

ですが、散歩や自転車で通りや路地は知っていても、
下町の歴史や名所をあまり知らないことに気づきました。
江戸のくらしが面白いと杉浦日向子さんもおっしゃっています。
一日江戸人 一日江戸人
杉浦 日向子 (2005/03)
新潮社

この商品の詳細を見る


というわけで、
下町のくらしや人情に思いを馳せながら
大好きな蕎麦をいただきたい

これが僕のささやかな希望であり、
検定を受けようと思い立った、まあ軽い気持ちなのです。

41歳4月1日

江戸東京
04 /01 2007
隅田川河岸の公園にて、
桜咲く空を見上げてふと思い出しました。
以前読んだものに載っていた、

東京シティガイド検定

てのを受けてみようと。
春だし、何か始めるには気分がいいですし。
(受験は秋以降なので随分先ですが...)

IMG_2202.jpg


「東京の魅力を自信をもって紹介できる人材育成を目指します。」
とあります。人材育成?育成されるのかあ。

実は資格は苦手なのです。

言い訳になりますが、
運転免許をとるのは、まあ仕方がないとしましょう。
大学時代にとった教員免許は、
教育実習が面白いかもしれないと思ってとったものです。
が、一部の生徒に「先生に向いていない」と言われてしまいました。
その教員免許も剥奪されるかもです。
そうそう、ダイビングの免許ももってます。
海の中の世界を知らずに地球上で死ねない、なんて。
それも15年以上前に潜ったきりです。
もっていて飾っておく資格には意味がないと思っています。

それ以来長い間、資格には縁がないのです。

そんな僕が久しぶりにとろうというのは、
どういう風の吹きまわしでしょう。