スウィング

仕事
08 /31 2007
移動の合間の喫茶店を
有楽町で探していて
スウィング”に入ってみました。




ジャズの生演奏が聴けるということで
以前から存在は知っていましたが、
中に入ったことはなかったし、
ランチ時も営業しているとは思いませんでした。

クラシックな喫茶店という雰囲気で
真ん中に楽器スペースがあって
それをカウンターが囲んでいます。

居心地がいいので、
ノートパソコンをひろげて
たった200円のアイスコーヒーで
13:30の閉店まで1時間近くも居座ってしまいました。

ジャズ・ライブ、
たとえば9月の出演者を見ると有名どころがズラリ。
いつかは観に行きたいです。

サヴァイヴ!南国日本

仕事
08 /28 2007
サヴァイヴ!南国日本 サヴァイヴ!南国日本
高城 剛 (2007/07)
集英社
この商品の詳細を見る


この本でも語られているように
今年の夏は猛暑となりました。
地震も起きたし、原子力発電所はストップしています。

「地球のゲスト」でしかないという僕たちの
周りをとりまく自然には
わかりやすくない、複雑な要因が重なっているようです。

僕も昨年か一昨年までは「IT」を連呼していましたが
前職を捨てる決意をしてから
そして、子供が産まれてからは
周囲に対して何ができるかを考える機会が増え、
同時にあまり「IT」を口にしなくなりました。

たとえば起業を考えるにしても、
「ひと言でわかりやすい事業」とか
「それで一体、いくら儲かるのか」
を拙速に求めるのではなく

「ひとつひとつの言葉に、どんな意味を込めるのか」
「社会のためになるのか」に
頭と時間をかける時代になっていると思います。

これ、当たり前のようですが、
普段テレビや雑誌に接していて
つい「わかりやすさ」を求めてしまう傾向があったりします。
人間関係にもそうだったりして。
すると相手の失敗や落ち度ばかりに目がいって
自分はどうなのかなんて深く考えない...。

複雑な自然は、
そんな「ゲスト」のことはお構いなしに
娘の未来に向かって
淡々と事を進めている気がします。






パパ追い

育児
08 /25 2007
数日前、ある実験をやってみました。
部屋の片方の隅に妻、反対の隅に僕、
娘を真ん中に置いて
さてどちらにハイハイしてくるか。

日頃、遊び相手の僕としても少し自信があったのですが
結果は惨敗。
でも途中、何度も振り返ってくれたのがうれしかった。

最近ハイハイがかなり上達した娘は、
僕と遊んでいても
妻の気配を感じると
洗面所でもキッチンでも
そちらに行ってしまいます。

やっぱりママのところがいいんだな。
と半分あきらめていたのですが...

今日妻と遊んでいた娘が
洗面所で髭をそっている僕を見つけて
ハイハイしてやってきてくれました!

うれしさのあまり
髭が残った頬でスリスリ~
少し迷惑そうでした。

寝起き

育児
08 /23 2007
相変わらず4時半起きの娘ですが、
朝6時か7時には早くも二度寝に入ります。
1時間くらい眠ります。

寝起きというのは
ちょっと機嫌が悪いものと思っていたのですが、
自然に起きた娘は
とてもゴキゲンです。

“ゴキゲン”というのは、
大人しくニコニコしている状態のことです。

でもそれはあまり長く続かず
やがて眠くなってくると
オモチャを片っ端から叩いたり
え~う~唸ったり
わけわからん泣きしたり。

いまや家中をハイハイで移動できるので
トイレまで追っかけてきます。
ちょっと一緒に遊ぶと
奇声を発して転がっています。

妻は
腕や足を引っ掻かれたり、噛まれたりするので
ちょっと怖がっています。
僕は攻撃されません。なぜかわかりません。

いつも寝起きでいて欲しい。

Finding Forever

音楽
08 /18 2007
Finding Forever / Common

Finding Forever Finding Forever
Common (2007/07/31)
MCA
この商品の詳細を見る


HIPHOPをすべて聴くわけではないのですが、
JAZZを感じさせるこのCommonとかRootsは聴きます。

サウンド・プロダクションがよいので、
聴いていて気持ちがよいのと
聴くたびに発見があって楽しいのです。
歌詞は気にしていません。

スティーヴィー・ワンダーやプリンスを
繰り返し聴いてきた耳には
Commonのこのアルバムは親しみやすく
かといって新しさが散りばめられているのが
気持ちよい理由でしょう。

やはりKanye Westの功績なのでしょうか。

Masterd by: Tom Coyne at Sterling Sound, New York, NY

Sly & The Family Stone Greatest Hits

音楽
08 /16 2007
Greatest Hits / Sly & The Family Stone

グレイテスト・ヒッツ(紙ジャケット仕様) グレイテスト・ヒッツ(紙ジャケット仕様)
スライ&ザ・ファミリー・ストーン (2007/05/02)
ソニー・ミュージックダイレクト
この商品の詳細を見る


これはさすがに既に持っていました。
リマスターによる音質向上と紙ジャケということで買いなおし。

名曲オンパレードなので
あっという間に聴き終わってしまいますが、
とにかくそのスーパーポジティブな曲調と
ファンキービートに体が揺れます。
そりゃもう何も考えずに「Dance to the music!」ですよ。

この後のアルバム以降の
スライの内省的でえぐるようなビート感とは対照的です。

(マスタリングの表記は見当たらないのですが、たぶん
 Mastered by Vic Anesini at Sony Music Studios,New York です)

港屋

江戸東京
08 /14 2007
暑さに負けそな今日の昼に
打ち克たんとする立ち食い蕎麦、
そば処港屋”に行ってきました。
場所は愛宕と虎ノ門の間くらいでしょうか。




お盆で空いているだろうと思いきや
外で待つ人用の扇風機が置いてあります。
ということで数人待って店内へ。
店内も満員。
しかもこの暑さなのに、大型扇風機のみ。

立ち食い蕎麦屋にしては
店の外観も意外ですが
店内もシックな大テーブルの真ん中に
大きな生け花。
高めの天井にクラシックが流れ
あちらこちらの蕎麦をすする音と協奏。

“冷たい肉そば”をお盆に載せて大テーブルへ。
食べきれるのかと思うくらいの蕎麦と
ラー油入りの辛つけ汁。
これが病みつきになりそうな美味しさ。

立ち食い蕎麦の既成概念をひっくり返す
インパクトを喰らいました。

シャワー

育児
08 /12 2007
外を歩いてくると
妻も娘も僕もみんな汗でびっしょり。
すぐにクーラーをつけて、涼みたい。

でもそのまえに、
シャワーを浴びると気持ちよさが全然違います。

娘をはだかにして
膝のうえに乗せて
温かいシャワーをゆっくりまわしかけてあげます。
気持ちよさそー。早くも眠そうです。

からだを拭いて
ガツみか”食べよう。
今年のアイスで我が家ではこれが人気です。



豚組

江戸東京
08 /08 2007
西麻布にある“究極のとんかつ”屋さん
豚組にて友人とランチしてきました。

僕は脂っこいのが苦手なので
普段トンカツはあまり食べないのですし
ましてや今日はこれまた暑い!
しかしここのは美味しいからと絶賛されたので
ならばと開店と同時にイン。




フィレではなく、ロースにトライ。
なんとこれが、塩だけでいけちゃいました。
ソースはキャベツに使ったのみ。
もう少し食べたいとさえ思いました。

これならお酒ともイケルかもなんて
常識を覆すとんかつでした。

コラボカフェ

江戸東京
08 /04 2007
友人の案内でコラボカフェ“bruit”(渋谷)に行ってきました。

コラボカフェとは、
「一つのカフェ空間をシェアして利用するレンタルカフェ」。
調理や音響などの設備が既に用意されているので
1~2日気軽にカフェ開業体験ができるとのことです。

今日のように暑い日にぴったりの
ビールサーバーや
有名占い師さんを呼んでいたりと
同カフェを数回経験しているだけあって
接客も慣れたもんです。

一緒に行った友人と、妄想を膨らませておりました。
ぜひ妄想を現実にいたしたく。



並木藪

江戸東京
08 /03 2007
今日のお昼は
浅草は並木通りの“並木藪蕎麦”でした。

ほぼ開店時に入ったので
空いていましたがそれでも既に何人かいました。
座ると同時にスポーツ新聞とお冷やを置いてくれるあたりの
庶民感が落ち着きます。

ざるを一枚。
やっぱり辛いつけ汁が美味しい。
微笑んでしまいます。
仕上げは、そば湯を足しながら
ねぎも少し入れたりして
ゆっくり溜息できます。




心地よかったので
暑いなか、浅草寺から伝法院あたりを散歩して
汗だくで帰ってきました。
ここんとこ毎日昼は蕎麦です。

エレベーター

育児
08 /02 2007
子供を持ってはじめて気がついたことが
けっこうあります。

ベビーカーの件のつづきですが、
地下鉄ホームのエレベーターで
人がいっぱいで、乗れないことが多々あります。

お年寄りとか妊婦さんじゃなくて、
いかにも健康そうな人たちが
我先にと乗ってしまうのです。
近くにエスカレーターもあるし、
そちらのほうが空いているのにも関わらずです。

これには腹が立ちます。

僕は混んでるエレベーターが嫌いで、
以前から駅のエレベーターはほとんど利用しなかったので
気づかなかったのですが、
これって例えば車椅子の人はどうされているんでしょうか。
目の不自由な人は無理して危険なエスカレーターを
選んだりしているんでしょうか。

例えばベビーカーを見つけたら
さりげなくエスカレーターにまわるとか
開くボタンを押して入れてあげるとか
でいいんだと思います。

もちろんベビーカーを持っている側も
「すみません」のひとことが必要です。

家ん中じゃなくて、外なんだから
そのくらいのちょっとした気遣いは当たり前だと思います。


暁庵

江戸東京
08 /01 2007
今日は友人と広尾の蕎麦屋“暁庵”へ行って来ました。
僕はかき揚げ付のランチをいただき
美味美味と頷いていました。
友人オススメの変わりそばを分けてもらったら
それがさらに美味しかった。
夏にぴったりの紫蘇の香りが口から鼻に広がりました。




僕なんかは冷酒片手にいい気分で
夏の昼下がりの憩いを堪能したあと、

仕事がなく時間の制約もない同士が
オープンカフェに場所を変えて
この頃考えていることとかアイデアとか
あれこれ話しているうちに夕方になってしまいました。

これ、かなり理想的な日中の過ごし方です。