兄弟はアメリカ人!?

仕事
05 /29 2009
5月27日
株主総会と取締役会にて
私が代表を務めることを正式に決定していただきました。

僕には双子の姉がいます。
姉の夫は、アメリカ人のKさん。
義理の兄弟にあたります。

彼は27日同日、
社長になって初めての“事業説明会”を行っていました。

“XX社K新社長「お客さまの価値向上にフォーカスする」”
“多面体IT企業「XX社」を再定義する”
“XX社、新社長のK氏が日本市場戦略を説明”
“iPhoneでWindowsアプリが使えるプラグインをXX社が提供 ”

などなどIT系のメディアに大々的に取り上げられています。
そんな彼も3月に日本法人の新社長として就任したばかり。

そして双子の姉も同じ3月に
アクセサリー・ブランドを持つ会社を起業しました。
5月にとある宝飾展示会で発表、
大成功したそうです。

にぎやかな家族で
僕の親は何が何やらという感じでしょう。

そして、姉夫婦に、一歩後れをとっている気分も...
マイペースでがんばります。

菊地成孔 ダブ・セクステット

音楽
05 /21 2009
ほんとに幸運なことに
仕事で、
菊地成孔さんのライヴを観にいく機会をいただきました。
会場は鶯谷の東京キネマ倶楽部

僕のブログで何度も書いているとおり
ここ数年のマイブーム、マイルス・デイヴィスと呼応して
今現在、その美学を昇華しつづける唯一の存在。

クール、エレガント、そしてオーダーメード・スーツ!?

この仕事に就いて最初のライヴとなり、
関わることができて光栄です。

帰ろうと思ったら、昔仕事をご一緒していた人ともバッタリ。
縁を感じる夜を過ごしました。

カエターノ・ヴェローゾ

音楽
05 /20 2009
ジー・イ・ジージー・イ・ジー
(2009/04/15)
カエターノ・ヴェローゾ

商品詳細を見る


カエターノを聴き始めて
もう20年以上になりますが
常に変化しつづける
アーティストとしての信念に
尊敬するばかりです。

今回も息子さんプロデュースの
ロック・アルバムですが
前回よりも辛口→甘口になったぶん
少し聴きやすい。

いま音楽はどうなっているのか知らんが
“新しいもの”を聴きたいという
先進好きには、これをおススメします。



ブランフォード・マルサリス

音楽
05 /17 2009
MetamorphosenMetamorphosen
(2009/03/17)
Branford Marsalis Quartet

商品詳細を見る


Stingのバンドで知ってから
僕のジャズ好きが始まり
よくわからなかったコルトレーンも
噛めば噛むほど味が出ることを知ったのでした。

天才兄弟の兄なのに
今回のバンドは練習の鬼だというので
いったいどんなにすごい音楽を紡ぎだすのかと。

いくところまでいった即興演奏芸術。
きっと世界最高なんだろうなあ。
次は思い切り“変容”するしかない。

Band音出し

音楽
05 /08 2009
GW中、
久しぶりに
高輪台のスタジオに入りました。

ドラマーはe-Bayにて機材を揃えまくり。
憧れのラディックのスネアやシンバルスタンドを
中古とはいえ、いい状態で入手することができたので
思いきり叩いてみたいと。

ベーシストもネットで
エフェクターとボードを新調。
ヴォーカル用のエフェクターとマイクまで入手していました。

“かっこ”から入ることは楽しいことです。

僕も昔買っていた↓の機材を持ち込んで

MC-09

ツマミをいじって遊んでいました。
もちろん、ギターも掻き鳴らしました。

大きな音を出すのは気持ちいい~。


パパ友会の応援

仕事
05 /06 2009
5月1日に
僕がいま「最も大切な飲み会」と思っている
恒例のパパ友会が開かれました。

ほぼ月イチで
地元の居酒屋の2階に
“昭和40年生まれ”と
ちょっと年上とちょっと年下を含めて
2歳の子供をもつ男たちが集まっています。

今回は10名くらいでしたが
登録メンバーはすでに16名。
ことごとく違う職業なのですが、仕事はベテランの域。
そして前向き。

もはやよそよそしさのかけらもなく
まるで小学校のときの同級生のよう。
僕のことも自然に祝っていただきました。
地元に仲間がいることの頼もしさを感じています。

このメンバーなら、将来
“東京”に貢献できるなにか大きな仕事ができそう。

ラ・フォル・ジュルネ

育児
05 /05 2009
20090505203352


今年も行ってきました。
0歳からのクラシック・コンサート。

テーマは“バッハ”。
クラシックとはいっても
テレム・カルテットというロシアから来た4人組による
ロシアの民俗音楽との融合という感じ。

娘は物珍しそうに
今回はゴネることなく
大人しく見入っていました。

毎年有楽町の東京国際フォーラムで
やってくれるこのイヴェント、
いつかは娘と本格的なクラシックを
聴きに行きたいと願っています。

僕も小学校の時に観た
上野の東京文化会館での
クラシック・コンサートが
音楽の原体験だったと思っています。

日経新聞

仕事
05 /01 2009
「登録に必要だから...」と言われて
昨日朝久しぶりにスーツを着て
写真やさんにて
「証明写真お願いします。」

本日の日本経済新聞に
写真入りで掲載されてしまいました。
(悪いことをしたわけではないです)

というわけで
多方面多くの方々から
「おめでとう!」連絡をいただきました。
本当にありがとうございます。

いつもいつも支えていただいている方々ばかり。
心強く感じております。

急に緊張感が高まりましたが
浮つくことなく、
日々丁寧に仕事してまいりたいと思います。

厳しい状況でのスタートとなります。
改めまして
今後ともご指導のほどよろしくお願い申し上げます。

お礼に
私の写真ではなく、
人生スタートしたばかりの娘の写真をどうぞ。

20090501161116