3.11から2週間

江戸東京
03 /27 2011
3月11日午後2時46分当時、
僕は会社に、妻と娘はマンションの自宅にいました。

妻は立つことができないくらい揺れて
娘と寄り添って揺れが収まるのを待ち、
地上階に階段で降りて、同じマンションの知り合いと一緒にいたそうです。
僕は社員とともに近くの小学校の校庭に移動しました。

自分の安全を確保できたら
心配なのは家族の安否です。

TwitterやFacebookといったインターネットサービスは
地震直後につながりにくくなった電話やiモードなどと違って、
いつものとおり利用することができました。

おかげでパパ友の安否と動きを知ることができ
ご近所からのヘルプを受けることが可能となり
心強い思いがしました。

そういうわけで、
妻にもスマートフォンを持ってもらい
Gmail、Twitterなどの緊急連絡手段を確保することにしました。

Galaxy Sのホワイト・ヴァージョンが出ていたのでそれを購入。
※リアカバーが白、縁の部分がシルバー。
Galaxy S


東北の被災者の方々の悲しみ、苦しみそして不安は
私が想像していることよりもはるかに超えていると思います。

無事な私たちにも余震、原発、停電と不安はまだ続きます。
子供たちには、大人がその不安を少しでも軽減してあげたい。

日本に住む当事者である私たちが
力を合わせるときなのだと思います。

仕事始まって1週間

仕事
03 /08 2011
おかげさまで、毎日忙しく仕事しています。

社会人になって20年以上経ちますが
ざっくり分けてみますと
最初の10年あまりを衛星放送に
次の10年あまりを音楽&インターネットに
それぞれ起業、創業、第二の創業というフェーズで
仕事してきました。

そして今回、最初の10年でお世話になった方々と
また仕事をご一緒させていただくことに。

僕自身、テレビは決まった番組以外
ほとんど見ない生活をここ数年間送っています。

インターネット時代以降
テレビに求める役割が変化しているのかもしれません。

テレビとインターネット、映像と音楽、
どちらの分野もそれぞれ堪能したからこそ
できる仕事があるのではないかと
じっくり取り組み始めています。