オーディオの相談、承ります。

仕事
12 /13 2014
昨日のことですが、ホームシアターのセッティングの仕事に行ってきました。

オーディオの裏面はスパゲッティ?

ホームシアターやオーディオというと
“配線”が面倒だな、よくわからない、
ってイメージがあるのではないでしょうか。
そもそも
“音”なんて鳴っていればいいんじゃないの、という人も多いでしょうし、
面倒なことに時間をかけるのは、それこそ面倒だなって。

身近に相談できる人がいれば、聞いてみたい...。
そんなわけで相談されることが何度かありました。
「音がよくて設置が簡単なホームシアターは?」
「店で会話のじゃましない音を流したい」
「なんだかよくわからないから、いろいろ教えて(笑)。」

小学生の頃から自転車で秋葉原に通っていたワタクシ。
(その頃はオーディオ専門店も多かった)
中学生なのに店員さんに
よくオーディオの組み合わせの見積書作ってもらいました。
それ以来、ずっとオーディオは僕の趣味。

さて、上記の写真は(以下オーディオをちょっと知る人向け)、
AVアンプがファームウエアアップデートにより
Dolby ATMOS対応になるので
ブルーレイプレイヤーの接続と
2個のサブウーファーと9個のサラウンドスピーカーの設置
うち4個は天井向けのイネーブル設定
すべてのスピーカーはバイアンプ接続可能
フロントのLRは別アンプ(マッキントッシュ!)に出力して
プリアンプをパススルーして接続
4K対応液晶ディスプレイとプロジェクターに映像出力
そしてすべてのバランスを調整。

という具合で、ほぼ一日がかり。
こりゃ、敬遠されてもしかたがない...。
でも、完成したシステムで観るブルーレイソフトたるや...。
うらやましいかぎり。

最近のシステムは、これにネット接続の知識も必要で
Wifiなどの無線システムもあわせてセッティングすることになる。

とまあ、こんなに本格的なシステムではなくても、
ラジカセとか、ミニコンポとか、PCの音とか
iTunesとか、iPhoneやiPodとか...。
「買うとしたらなにがいいの?」
「いま持っているのをどうしたらいいの?」
友達に聞くような感じで僕に相談してみてください。
かっこつけていえば“オーディオ・コンシェルジュ”。

そんな我が家のシステムはというと、
5.1サラウンドこそありますが、たまに使うくらいかな。
オーディオもありますが、もっぱらヘッドフォン
でもありとあらゆる組み合わせは実験しています。

ハードウエアは簡単便利が一番。
聴く、観るソフトが大切なのは言うまでもなく。
ソフトもあわせて相談に乗ります...これは人それぞれか(笑)。