Live at Monterey Jazz Festival 1963

音楽
09 /17 2007
Live at Monterey Jazz Festival 1963 / Miles Davis Quintet

ライヴ・アット・モンタレー・ジャズ・フェスティヴァル1963 ライヴ・アット・モンタレー・ジャズ・フェスティヴァル1963
マイルス・デイヴィス、ジョージ・コールマン 他 (2007/08/29)
ユニバーサルクラシック
この商品の詳細を見る


今年、最も聴いているのは
マイルス・デイヴィスです。
サックスがジョン・コルトレーンの時代と
ウエイン・ショーターの時代を繰り返し聴いています。

マイルスの自叙伝も面白かったし、
植草甚一の“マイルスとコルトレーンの日々”も読んだりしました。

このCDはウエインが加入する前の
ジョージ・コールマンがサックスを吹いているもので
そのほかのメンバーは、
ハービー・ハンコック、ロン・カーター、トニー・ウイリアムス
という黄金メンバーです。

それまでのビ・バップスタイルから脱却すべく
かつての名曲を高速化して、
ところどころフリーな演奏になっていて
スリリング。かなりの緊張感です。
こんなすばらしい音源が今頃発売されるということは
まだまだ未発表モノがありそうです。

同じメンバーでは、
“My Funny Valentine”と“Four & More”という
ライヴアルバムがありまして、これらも好きです。

このあと彼らは、
どんどん濃くなって
高いところに達していきます。

Mastering: Joe Tarantino (Fantasy Studios,Berkeley)

コメント

非公開コメント

トラックバック

Live in New Orleans

ノラを聞いた事が無かったので買ってしまいましたが、キャロル・キング・フリークの私にとっては最悪でした。 曲もバンドも輝きも勢いもなく、この程度でグラミー?と思う人は多いのでは・・・。小さなライブハウス(House of Blues)でのコンサートはわずか3年前のものとは