事業再生という仕事

仕事
04 /10 2009
“事業再生”なんて言うと
おこがましさを感じます。

数年間、幸せな経営者を経験させてもらったあと
PDCAを数回まわして
あーでもない、こうでもないを繰り返し
今回また“いっちょやったるか”を引き受けることにしました。

事業がうまくいっているときは
オブラートに包まれていたようなことが、
うまくいかない、つまりお金がなくなると
あたかも黒澤映画のような光景が
目の前で繰り広げられることになります。

その身に覚えのある
“人間の弱さ”のなかで
果たして自分はどんな行動をとるのだろうかと。
映画ならばスクリーンの向こうですが、
痺れるくらいリアルなドラマに全身包まれるわけです。
そういう仕事です。

わけあって、会社名はまだ言えませんが
この数日間で覚悟は決めました。

まわりは一か月前までは知りもしなかった人たち。
もちろん相手も僕のことをどこのどいつか知らない。
そんなところに入っていって
「みなさーん、いいですかぁ!」と始めるのです。

偉そうにしている暇はありません。
こちらもさらけ出していかないとね。




コメント

非公開コメント

すまんでした

この間はすみませんね。
また機会を改めてお昼でも。

自らの意思で、新しいことにチャレンジ。
いいことです。なかなかできません。

いつもの通り、またお話を伺い刺激を頂ければと。
よろしくです。

おめでとうございます。また成功列伝別章スタートですな。
おいらの車仲間にも某有名コンサルタント会社のシニアコンサルがいます。彼はまだ若いので最初はかなり苦労の連続だったそうな。最近も目標となる人を見つけ、その人との年齢差の年数でそこまで達するか などと比較して悩んでいたけど、「個性を大切にして自分なりのやり方で頑張る」ことに気がついたみたい。

新しいメンバーと一緒に音出しする雰囲気で行けばいいんじゃない? 指摘されるほうは戦々恐々、怖がってるだろうけどね! 言われたくないこと、言われたらきついこと言わなきゃいけないほうが精神的負担が大きいのにね。

でも総括して社長ならOKよ。
ストレスたまること予想されるので、大音量ギターで発散するように。 もちろん、お付き合いさせていただきます。

かれん父さん、お互いいろんなことがありますなあ。
また相談に乗ってください。よろしくです。

ロジャー、大音量ギターほんとにうれしい!うぉお、ギター弾きたくなってきた。スタジオ入りたいっすね~!

面白くなってきましたね。

いよいよ面白くなってきましたね。
膿と癌はなかなか表に出てきませんから、
大変だと思いますが、成功を願っております。
くれぐれも家庭と体調、最優先で!!

Takizawa Shigeruさん、そうなんですよね。早期発見したいんですけど、もはやそんな時期は過ぎていて、一見わからないようにまでなっている。言われて気づきましたが内科の仕事なんですね。
コメントありがとうございます。Takizawaさんも体調優先でお願いします。