パット・メセニー

音楽
02 /13 2010
オーケストリオンオーケストリオン
(2010/01/27)
パット・メセニー

商品詳細を見る


精力的なパット・メセニーの新作は
驚きの「ひとりオーケストラ」。

いまの技術では、各楽器の音を電子的にサンプリングして
プログラミングによって同時演奏が可能ですが、
彼の場合は、その原点を
19世紀末から20世紀初めにさかのぼり
すべてを生音つまりアコースティックで自動演奏させる
“オーケストリオン”を現代に再現したもの。

写真を見たら
各楽器には強度を調整できそうな振り子がついていて
“ピタゴラスイッチ”さながら
ある信号を受け取って勝手に鳴らされているらしい。

電子音と違って
その場で鳴っているわけだから
音のダイナミクス・レンジは広いと思われます。

アイデアもすごいが
それを本当に実現するパットもすごい。
ライヴもやるそうだから、
その準備にかかる手間たるや...すごいな。


コメント

非公開コメント

社長けっこうパットメセニー好きだよねぇ。

レパートリーに・・・・・無理か!!!??

そりゃもうパット・メセニー大好きですよ。全アルバムのみならず、参加アルバムも結構購入してますもの。

レパートリーには、マジで無理です。