アースデイ東京

江戸東京
04 /18 2010
4月も後半なのに
まるで真冬のような寒さから
今日は昼になるにしたがって暖かくなりました。

代々木公園そばでやっていた
アースデイ東京に行ってきました。




都会の真ん中で
お祭り気分で開放的なのはよいこと。
ブームに乗って大勢の人が訪れていました。

出店も美味しそうと思って
お腹を満たしたら、これが、結構な金額。
子供が大声で「オーガニック・パンツ(?)1200円!」って売り歩いている。

ん?「オーガニック」って言えば、高くできる?
なんかちょっと興醒めでした。
妻いわく肝心の野菜即売も、いまいちの品ぞろえで、かつ高い、と。

本来もっと自然体でよいはず(例えば道の駅の野菜売りみたいに)なのに
かっこつけすぎちゃったかなというイヴェントでした。

コメント

非公開コメント

アースデイ、朝となりの陸上競技場でランニングした後に寄りました。確かに、古着を「まだ着れる」と売っていましたが、売られているものは比較的高価で、捨てられる運命の大多数の古着の問題を解決するには焦点がずれている気もしました。でも、商売っ気ゼロだとうまくいかないですし・・・難しいですね。

真瀬さん、コメントありがとうございます。
そうですね。商売は奨励しないとやっていけないですね。妻が娘の古着をJ-WAVEの物々交換に出したら、あっという間になくなっていたと。売ってもよかったかなと思いましたが、なくなっていたのは嬉しかったと言っていました。
「ちょっといい気分」になるだけでいいんですよね。