ジェフ・ベック

音楽
07 /23 2010
エモーション・アンド・コモーション(スペシャル・エディション)エモーション・アンド・コモーション(スペシャル・エディション)
(2010/06/23)
ジェフ・ベックオリヴィア・セイフ

商品詳細を見る


このCDジャケットが好きです。
幼い頃、鷲や鷹の絵を書くのが大好きだったのです。
鷲がギターを掴んで、大きく羽ばたいているなんて
ズバリすぎる絵です。

ジェフ・ベックが使用しているギター
フェンダー社のストラトキャスターというモデルですが
僕が今度のライヴで使用予定のギターと
細部にわたって作りが同じです。

そんなわけで、彼が弾く音を聴いたり
映像を観たりすると
どんな感触なのかまで、指に伝わってきます。
もっとも彼はピックを使わない、
指弾き中心なので、わからないところもありますが。

今回の作品、少し大人しいと言う人もいますが
僕は、大好きです。
ギターでこんなに雄大な音楽を奏でることができるなんて。
まさにCDジャケットのとおりです。

ジェフ・ベックももうすぐ65歳!
僕もずっとギターを弾いていたいと思います。

コメント

非公開コメント

先日お会いした人が来日公演時に楽屋で公演後のJeff Beckに会ったんだそうです。 Jeff Beckモデルのギターを持っていき、サインをねだると
「ボクのギター、これ高いのに買ってくれてありがとう。このギターでどんな曲を弾くんだい?」
「このギターがキミに迷惑をかけていないかい? 弾きにくくないかい?」
「ボクは未だに狙った音、満足した音が出たことが無いんだ。これからホテルに帰って早く練習したいよ」

なんという人でしょうか!
心底ギターを愛し、そして未だに挑戦し続けているとは!
すごいです。

「出来た!」「これでいいや!」 こう感じたら面白くなくなってしまうんでしょうね。

私もずっといいドラムサウンドを追求していきたいですね。

ジェフも大人になったな~、って65歳か。