GalaxySとかiPadとか

仕事
01 /12 2011
この年末年始から始めて、たった今も
GalaxySとかiPadとか、いじってばかりいます。
妻や娘からは白い目で見られています。

10年前は携帯電話が電話だけでなく
iモードをはじめ、インターネットサービスを
開始して盛り上がりつつあった頃で
「これは面白いことになるな」と
起業準備していました。

ちょっとその頃を思い出しながら
スマートフォンやらタブレットやらをキャッチアップしようと
いろいろ試してみています。

Googleという検索サービスをやっている会社が
基礎となる部分(Android)を作ったものを活用しているのが
Androidケータイ。
日本国内のAndroidケータイのひとつが
NTTドコモが通信と販売を担っている
韓国サムスン社製のGalaxyS。

Googleの考え方は、ちょっと飛躍していて理解しにくいのですが
そこを含めて、インターネット時代らしさを感じています。
Androidケータイを触ってみると
雑多とか未完なところがあって、それを感じることができます。

iPadはApple社製で、基礎となる部分もApple製。
ケータイよりは大きな画面で、見やすいのが特徴。
電話機能はなく、持ち歩けるインターネット端末という感じ。
通信は屋内無線を使ったり、屋外でもソフトバンクの通信網を使えるものもあります。
いま話題の電子書籍には、このくらいの大きな画面がいいです。

Appleの考え方は、CEOのスティーブ・ジョブズを筆頭に
統一感があって、理解しやすい。
日本人にとってもウォークマン(SONY)やiモード(NTTドコモ)というモデルがあるので
なぞらえてみれば、洗練されているな~という程度。
使い心地もしっくりくることが多いです。

GoogleとApple、どっちがいい?というのはなく
どっちもいい!です。
使ってみた感想を、また書きます。



コメント

非公開コメント

ごぶさたです。
私もiPad買いました。
仕事がらみの研究の意味合いもありますが、
ほとんどはるくのゲーム機になってます。
スマートフォンもほしいけど、
やっぱりN製を待ちます。
今度は何するの?
ではまた。

はるく父さん、ご無沙汰です。
iPadは子供がすぐに覚えてしまうね。
このままずっと娘と遊んでいようかな~。