東京なんだかんだ

仕事、育児、音楽そして江戸東京

組織を内側から変えていく

前職では
定例ミーティングや週報という「習慣」を身につけることで
それまでの仕事のやり方を変えるようリードしました。

今回は「Google Apps」と「Facebook」というツールを使って
コミュニケーションの方法を変えることに挑戦しています。

Google Appsの導入で、
自分のPCに溜め込んでいたメールを一切止めて、Gmailに。
グループウエアを捨てて、Googleカレンダーに。
文書や写真を共有フォルダに入れるのをやめて、Googleドキュメントに。
週報やプロジェクトの進捗は、Googleサイトに。

もうPCのスペックがどうだとか、気にしないで済みます。
Android携帯を持っているメンバーは、外出先でも閲覧くらいはできます。
もちろんセキュリティ対策も、しっかりやります。

Facebook
仕事とは別の“ゆるい”情報交換から始めています。
Facebookグループという機能を使って
社内だけの秘密のグループで
ランチのこと、飲み屋のことなどを掲載しては
「いいね」ボタンを押しています。

Facebookのコミュニケーションスタイルは、ちょっと衝撃でした。
会社のようにチームワークで仕事をしていると
一人対一人の会話よりも、一人対複数、複数対複数の会話が多いはず。
いや、多くないといけません。
Facebookでは、それをちょっとした動作で、あっという間に情報共有できる。
将来、仕事では「メール」というものがなくなり、
Facebookのようなものに取って代わるのではないかと思います。

※ビジネス用に利用するのであればSalesforce社のChatterというサービスが良いようです。

要は、
「いままでとはガラッと変わる習慣」
であれば、いいのです。
当然、反発は多いです。
僕の仕事はいつもそうです。
でも、付き合ってもらいます(笑)。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

chatter使ってますよ。
もう少し使い倒さないとと思っていますが、
緩い運用下なので、いまいち活用ポイントが
わかってません。

こんな歳になると、この辺りのツールは
いろいろ体感して慣れておかないとと思います。
DSもね、子供のおもちゃと思ってましたが
触りだすと面白いですね。

新しいツールでコミュニケーションのあり方がかわると
ワークスタイルがどう変わるか、組織がどう変わるか、
若い世代がどんどん新しいツールに慣れた上で
社会に飛び出してくるから、われわれもそういうスタイルを
わかった上で考えていかないとだめですよね。

まあ、楽しみながらいきましょう。

はるく父 | URL | 2011年07月30日(Sat)08:49 [EDIT]


Chatter使っているんだ!SFとどう連携していくのか知りたいな。若い人にも保守的なのが多いから、僕たちがむしろリードしないとね。なーんて。

Kiyokawa | URL | 2011年07月30日(Sat)09:03 [EDIT]