富山旅行

育児
11 /26 2011
11月23日に娘が5歳になりました。

誕生日の記念にどこかに行こうかと考えていたところ
パパ友Tさんより前回の那須旅行で
「富山に行きましょう」と誘っていただき、
楽しくなりそうな企画を計画いただきました。

樂翠亭という美術館にて、大胆にも“鱒寿司”三昧
宿泊は豪華、雅楽倶にて美味しい朝夕食、温泉、そして卓球!
日本酒“満寿泉”を酒商田尻さんにて美味しいフレンチとともに堪能
岩瀬の若手職人の方々との出会い、語り合い、ガラス工芸や陶芸体験

娘の誕生日記念のはずが
すっかり親の私たちが思い切り楽しんできました。

なかでも岩瀬在住の職人の方々、
ガラス工芸作家の安田泰三氏
陶芸家の釈永岳氏
木彫作家の岩崎努氏
漆芸作家の橋本千毅氏
とランチ、夕食をとおして共に語り合ったことは貴重な体験でした。
「うわ、これスゴイですね」の連続の作品をその手から生み出している方々とは
思えないほどの気さくな方々で、みなさんパパ。
富山に素晴らしいパパ友ができて嬉しい!

富山は岩瀬を愛する桝田酒造(満寿泉)の桝田さんをリーダーとする
技術と文化の再新への熱き思いを感じました。

最終日は
私の我儘で再度岩瀬に行き丹生庵にて蕎麦を堪能。
店に入るなり、ドラムを叩き、ピアノを弾くご主人!
こんな蕎麦屋初めてだ!いや、蕎麦屋でなくても初めてか。

あまりに濃い体験だったので
余韻に浸る時間が長くて、しばらく抜け出せそうにありません。

Tさん本当にありがとうございました。
一緒に堪能したHさんご家族ともご一緒できてよかったです。

まだ書き足りませんが、このくらいにしておきます。

コメント

非公開コメント