ききがたり ときをためる暮らし

江戸東京
02 /17 2013
ききがたり ときをためる暮らしききがたり ときをためる暮らし
(2012/09)
つばた 英子、つばた しゅういち 他

商品詳細を見る


フランスのキッチンガーデン
ドイツのクラインガルテン
ロシアのダーチャ
自分の菜園を持つスタイルは日本ではなぜ流行しなかったのか。

愛知県に住む88歳と84歳の老夫婦の話。
英子おばあちゃん曰く
「ヨーロッパを見本にすればよかったのに、アメリカを見本にしちゃったから…。
 日本みたいに小さな国は、アメリカを見本にしていたらダメよね」。

3.11で学んだことは
テレビや新聞、要するに人の言うことを聞いて、同じことをしていてはダメだということ。
「人間は、一人一人がもっと個性的でないと」と
まさにこの夫婦は、オリジナルの生活を楽しんでいて
妻や僕にとって理想的な夫婦だなと思いました。

夫婦のコミュニケーションもオリジナルで
お互いをとても尊重したもの。
近くにいる存在だからこそ、気遣う言葉を使いたいと思います。
個性とは言っても独りで生きるわけではないですから。

さて、これからも
美味しい食べ物をつくっている人や
美味しく食べるための器や
ともに美味しく楽しく過ごせる仲間を
探していきたいと思います。

コメント

非公開コメント

素晴らしい生き方(^_^)

心より賛同いたします。
素敵な人生をお互い送りたいものですね。
ありがとうございます。

Takizawaさん、ありがとうございます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます