デリック・ホッジ

音楽
10 /20 2013
リヴ・トゥデイリヴ・トゥデイ
(2013/08/14)
デリック・ホッジ

商品詳細を見る


もう1ヶ月以上前のことになりますが
Bar so whatの店主より
「Kind Of Blueのオープンリール版しかも別録音ありが手に入った」との自慢を聞き
早めに店に行って唸りながら聴いたりしていました。
同時に「最近いいのがないですねー」なんて言って帰ってきました。

ところが、いいのが見つかりました。
ロバート・グラスパー周辺を探していたら、
ドラムスのクリス・デイヴをラジオで知り、
そこからこのデリック・ホッジに辿りついたわけです。

浮遊感、HIPHOPマナー、心地良い16ビート
edition9で聴く彼のベース音もすばらしく気持ち良い。
タイトル曲(コモン参加!)以外にも4曲目がかっこいいです。

最近のブルーノートはイケてるなあと思っていたら
社長はドン・ウォズなんですね。
昔“ウォズ・ノット・ウォズ”結構好きで聴いていました。

もうすぐグラスパーのおニューも出ますし、楽しみです。

コメント

非公開コメント