マリーザ・モンチ

音楽
05 /31 2007
ブラジルの歌姫マリーザ・モンチのライヴに行ってきました。
娘を僕の父母にみてもらいました。
喜んで引き受けてくれるので助かります。

マリーザ・モンチは1991年からのファンでして
当時アート・リンゼイによって最先端のブラジル音楽に導かれて以来
マリーザ・モンチの歌声に魅了されっぱなしです。
(もうひとりブラジルにはカエターノ・ヴェローゾがいましてこちらも大ファン)
15年ぶりの来日とのことで期待が高まっていました。

シンプルなステージとアコースティックな楽器たちに囲まれて
マリーザの声がぽっと浮かび上がり
表情豊かな短めの曲を次から次へとつないで
自然の中にいるような不思議な感覚に包まれました。

ブラジル音楽の特徴のひとつに
サンバに代表される豊かな低音があるのですが、
この響きが浮遊感を生み出しているのだなあと感じました。

まわりの観客にはポルトガル語で口ずさむ人も多く
国民的アーティストであり、
マリーザの音楽が日頃から愛されていることを知りました。


コメント

非公開コメント