宅録

音楽
06 /10 2007
CDを聴く。よい音質で聴く。ライヴを観る。音楽を肴に飲む。
音楽の楽しみ方はいろいろありますが、
演奏するのも、違った次元の楽しみがあります。

先日久しぶりにギターを弾いたら
眼の前にある様々な機材も埃をかぶっていることに気づきました。
キーボードやドラムマシン、音を加工したりするサンプラー
デジタルレコーディングマシン...
せっかくの機材もまったく宝の持ち腐れです。

ギターを演奏するだけでなく、
その音を録音して、そこにドラムの音を重ねたり
さらにもうひとつギターを重ね、キーボードの音で装飾したりする。
部屋にドラムセットを置いたり、大きな音を出したりして録音するのではなく、
ギター(ヴォーカルも)以外の楽器はすべて小さなマシンから音が出ます。
スピーカーやヘッドフォンで聴きながらやります。
これが自宅で録音する、つまり宅録です。

やっているうちに盛り上がってくるんです。
「ここはもう一回繰り返そうかな」とか
「このコード進行がなかなか泣けるな」とか、ひとりで。
僕の場合は、ここでひとつの完成版を作るのではなく、
バンド仲間で演奏することを想定しています。
ここでの録音はメモ書き程度のものです。

団塊の世代でギターを買ってバンドを組む人が増えていると聞きますが
それとほとんど変わらないことです。
でも、ほんとにバンド仲間で演奏するのはいつになることやら。

コメント

非公開コメント