「ひきこもり国家」日本

仕事
06 /11 2007
「ひきこもり国家」日本―なぜ日本はグローバル化の波に乗り遅れたのか 「ひきこもり国家」日本―なぜ日本はグローバル化の波に乗り遅れたのか
高城 剛 (2007/06)
宝島社
この商品の詳細を見る


良い悪いは別にしてグローバル化は世界中で急速に進んでいるという話。
住んでいるところや所属している会社に関わらず
インターネット、格差、為替レート、ケータイ、原油、温暖化、トウモロコシ、マグロなどなど
毎日のニュースで知るだけでなく、日々の生活に影響を及ぼしています。

そんな地球規模の中で“ひきこもっている”日本について
わかりやすい気づきと刺激を与えてくれます。
これからのビジネスを考えるうえで、不可欠な要素だと僕も思います。

いまをサヴァイバルの時代と捉えるのが高城剛さんらしいところですが、
世界を旅して回っているからこそのリアルな感覚なのかもしれません。
仮にそういう視点で見てみて、この僕はどうか
と個人レベルの見直しを促しています。

本の内容と僕とは意見が違うところもありますが、
僕個人がNGなのは、英語です。
身内からもさんざん指摘されているのですが、からっきし駄目です。
海外ニュースを英語でスラスラ読解できたらいいなあと思います。

コメント

非公開コメント

英語

私の長所はたぶん英語です。
実はかなり苦労しましたし、いまだに毎日、一言しゃべるたびに「勉強」です。「こう話すべきだったと後悔先に立たず…の時も多いです。本人が弱いので、戦うための武器がほしい!ヴィデオゲーム好きな私は、そう思いました。
英語=弱い私を守る武器 そうおもっています。

そんな私の大きな弱点、それは「字」です。

からっきしだめです!
日本人なのに、こんな汚い字だなんて・・・恥です。
社長の書いた字をみるたびに、「いいなあ、あんなにきれいに書いてみたいなあ」といつも思います。

そんな私は今年はじめからYou Canでペン字を始めました!
四十にして手習です。

でも昨日葉書が来ました。
「2度目の課題提出がまだですが・・・」

そうです、すでにだいぶ遅れているのです・・・。
だってぜんぜんうまくならないんだもの!!

ロジャー、コメントありがとうございます。

独学であんなに英語がしゃべれるなんて、
ほんとにうらやましいです。
ロジャーはサヴァイバルできます!

字は、別にこれからの時代、いいんじゃないですか。
PCのキーボード打てば出てくるし。

でもさー!!

冠婚葬祭のときの受付でかっこよくかきたいじゃん!

結局格好つけかよ! と自分で突っ込む・・・。7

ロジャーなら

冠婚葬祭のときにも
帳面を横にして
“Roger”って英語で書くってのはどーですか?
かっこいいと思いますし、
ロジャーならば許されます。

!!!

その手があったか!
v-190

うそです