ル・コルビュジエ展

育児
07 /07 2007
六本木の森美術館にて
ル・コルビュジエ(1887-1965)の“建築とアート、その創造の軌跡”を観に行きました。




妻も私もコルビュジエのファンであり、
彼の設計である国立西洋美術館をはじめ著書や展示会に
いくつか触れてきました。
彼も建築や都市設計において20世紀以降に大きな影響を与えた人ですね。

妻が事前に“おやこでアート”に申し込んでおいたので、
ガイドさん付きで、親子3組ずつの見学となりました。

今回は建築だけでなく、絵や彫刻、
実寸大のアトリエや海辺の別荘などがあり
娘も退屈することなく、むしろ少し興奮気味で
あちらこちらに気をとられていました。

これで娘は0歳にして美術館デビューも果たしました。
(先日はクラシックコンサート、映画館も)

それにしても、六本木ヒルズは
エレベーターやスロープ、
テラスのあるレストラン、
おやこ休憩室”など
子連れの私たちには安心して行くことができる場所になっております。

コメント

非公開コメント