プログラミングしてみた

仕事
06 /15 2014
ちょうど昨年の今頃
HTML5とCSS3を修得しつつ、Wordpressを使って
WEBサイト制作にチャレンジしていました。
なのでPHPもちょっとカジリました。

実際にユーザーがいたので、意見を取り入れつつ
なんとかカタチにしていく難しさを感じたものです。
おかげでいくつかのサイトを作ることができるようになりました。

その後パンとcafé開業と運営に集中していましたが
仕事の合間を縫って今年はプログラミングに挑戦しています。

手始めにJavaScript+HTML5、

マイクロソフトの統合開発環境Visual StudioをWINマシンにインストールして
Visual Basic、C#
上記のコンパイラを利用してC言語

JDKをインストールして
Java
加えて開発環境Eclipseをインストールして
Andoriodアプリ

アップルの統合開発環境XcodeをMacにインストールして(下図)
iPhoneアプリ(Objective-C)

スクリーンショット214845

いやあ、デスクワークは肩がこりますね(笑)。
肩のこりを肉体労働でほぐす、そんな日々です。

プログラミングというのは
テキストエディターでせっせと書いていくものと思っていましたが
特にアプリはIDE(統合開発環境)が用意されているんですね。

うまく動かなくて、夜中まで悪戦苦闘することも多く
日中のカフェ接客修行の行き帰りは車中爆睡していました。
でも、動いた時は、うれしかった!

ひととおり作ってみたので、
もう一度基礎を座学します。

田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」

仕事
04 /30 2014
田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」
(2013/09/25)
渡邉 格

商品詳細を見る


友人TくんのFacebookフィードでこの本を知りました。

妻とよく話していることが
ナントこの本に書いてありました。

僕が社会人になったのが1988年、バブル崩壊直前。
資本主義経済にドップリ浸かり、お世話になっていました。
いやいまでもドップリです。

娘が生まれ、彼女に自然の大切さを教わったあたりから
どうもなにか間違っている気がする…
と実感し始めたわけです。

帯には
【お金中心の「腐らない」経済から、
 発酵を繰り返す「腐る」経済へ。
 「不思議なパン屋」が起こす、静かな革命。】
とあります。

100年単位で考えると
娘の次の世代あたりは
いまの資本主義経済が息切れしているかもしれません。
もう始まっているというのが僕の感想です。
それが自然なのかもしれないと思ったり。

僕自身、いまパン屋に携わり
「発酵」の恩恵を受けている毎日。
命をいただいて生かされている人間です。
エラそうにしていてはバチがあたるはず。

同時に、味わいの豊かさを感じることができれば
なんとも楽しい、いい気持ちにさせてくれます。
一緒に時間を過ごす人や時間が増えていけば、
その喜びはそれこそ複利で増えていきます。

いい本を教えてくれてありがとう、Tくん。




オープンして半年

仕事
04 /22 2014
店をオープンしてちょうど半年が経ちました。

遠くからでもわざわざ足を運んでくれる友人、知人の応援、
一緒に働くスタッフの尽力、
なんといっても常連の方々に贔屓にしていただいていることに
とても感謝しています。
おかげで荻窪の街にも少しずつ馴染み始めた気がします。

えだおね外観

僕はというと

シェイプアップしました。

オープン当初から7〜8kg体重が落ちたことで
毎日10時間の立ち仕事に耐えられるようになりましたし、
脇腹に付いていた浮き輪のようなものがなくなりました(笑)。
先月鍼治療に行って、先生に「鍛えられましたね」と。

それもそのはず
歩数計によれば毎日1万2千歩、距離にして10km程度歩き続け
座れるのは14時過ぎのおにぎりタイム10分くらい。

ちなみに接客が僕の仕事です。
まだまだ失敗と反省、そして発見の日々です。
お客様によって育てられていることを実感します。
心身ともにシェイプアップしないといけませんね。
これからもよろしくお願いいたします。

追記)
妻は5月から別の仕事に就くことになりました。
応援いただき、ありがとうございました。
あのyukkaパンはいつかどこかで再開したいと思っています。




オープンして3ヶ月

仕事
01 /22 2014
年も明けたある日の朝、
娘が窓に向かってお祈りしています。
「雪が降りますように」
雪が降ったらお客さん来てくれないよ〜、と言う僕。

そんなふうに天気で一喜一憂するくらい
飲食業シンマイなわけですが、
とにかくいろんなことがありながら3ヶ月が経ちました。

正月は毎日酒を飲んだりしてリバウンド予想があったのですが
なんとか身長マイナス110の体重をキープしています。
腰の痛みよりも、足の裏の筋肉痛?があります。

毎日、店先を掃除し
トイレを抱きかかえるように拭きながら、
または、ランチタイムの忙しさが一段落したとき、
あるいは、閉店後店じゅうを掃除機をかけながら、
お客さんにどう接するべきかを考えています。
「あんなふうに対応したけど、あれでよかったのかな」
「今度はこんなふうにやってみよう」と。

最近は
自分がお客だったら店ではどんなふうに振る舞うべきか、
この店を堪能するにはどうしたらいいか。
というふうにも考えてみています。

相変わらず目の前のことで精一杯です。
正直なところ、失敗も多いです。
足して100歳にもなろうという
オッサン2人が店頭に立って接客している
変わったパン屋であり、変わったカフェです(笑)。

なのに、常連さんに来ていただいて
「今年もよろしくお願いします」と声をかけると
やさしく「こちらこそ」と微笑み返していただく
そんな機会が増えていることが、なによりも嬉しいこと。
なかには何度もお友達を連れて来店される方も。
「ありがとうございました」の声も弾みます。

こうして書くと当たり前のことなんですけどね。
ま、夫婦ともども体をこわすことなく
日々荻窪に通っています。

2013お役立ちグッズ

仕事
01 /01 2014
あけましておめでとうございます!
2013自分にとって役に立ったモノを紹介。

Aesop Resurrection Aromatique Hand Balm

イソップのハンドクリーム。手や爪をケアしてくれます。
もともと妻のために買ったのですが、僕もよく使っています。
なんといってもアロマが好み。
ここ数年チューブタイプでお世話になっていますが
いまの仕事が始まってから使う量が増えたのでこれにしました。



サロンパスローション

パン屋の開業前に、これを買っておいてよかった(笑)。
朝出かける前にこれを腰の部分に塗っておくと
体温の高まりに応じて、腰がぽっかぽっかに。
痛みを和らげるだけですが、とにかく助けられました。

2.jpg

Immuneol100

毎年誕生日プレゼントにもらうことにしていて
リラックスしたいときや風邪をひきそうだなというときに使っています。
“respiration”つまり呼吸を整える効果があるということでしょうか。

3.jpg

ZEBRA SL-F1mini

メモ手帳に付けておくペンとして愛用しています。
書くときは伸びるのでそれほど書きにくくない。
妻や娘にも買って、真似してもらっています。

4.jpg

GalaxyS4 & MacBook Air

GalaxyS4は手に大きいのがちょっと、ですが
画質がよいので文字も読みやすくブックリーダーとしても使えます。
(老眼なので文字大きくしてね)
MacBook AirはWEBサイトの仕事を外出先でもできるよう購入。
バッテリーも持つし手軽だし、すっかりメインマシンになりました。
S4のテザリングを使ってネット接続、
Google Chrome使いなので、家やパン屋のPCでもシームレスに利用。

5.jpg

2013は移動も多く
必要と思うのはいつも身の回りのモノでした。
2014もお世話になるでしょう。