富山旅行

育児
11 /26 2011
11月23日に娘が5歳になりました。

誕生日の記念にどこかに行こうかと考えていたところ
パパ友Tさんより前回の那須旅行で
「富山に行きましょう」と誘っていただき、
楽しくなりそうな企画を計画いただきました。

樂翠亭という美術館にて、大胆にも“鱒寿司”三昧
宿泊は豪華、雅楽倶にて美味しい朝夕食、温泉、そして卓球!
日本酒“満寿泉”を酒商田尻さんにて美味しいフレンチとともに堪能
岩瀬の若手職人の方々との出会い、語り合い、ガラス工芸や陶芸体験

娘の誕生日記念のはずが
すっかり親の私たちが思い切り楽しんできました。

なかでも岩瀬在住の職人の方々、
ガラス工芸作家の安田泰三氏
陶芸家の釈永岳氏
木彫作家の岩崎努氏
漆芸作家の橋本千毅氏
とランチ、夕食をとおして共に語り合ったことは貴重な体験でした。
「うわ、これスゴイですね」の連続の作品をその手から生み出している方々とは
思えないほどの気さくな方々で、みなさんパパ。
富山に素晴らしいパパ友ができて嬉しい!

富山は岩瀬を愛する桝田酒造(満寿泉)の桝田さんをリーダーとする
技術と文化の再新への熱き思いを感じました。

最終日は
私の我儘で再度岩瀬に行き丹生庵にて蕎麦を堪能。
店に入るなり、ドラムを叩き、ピアノを弾くご主人!
こんな蕎麦屋初めてだ!いや、蕎麦屋でなくても初めてか。

あまりに濃い体験だったので
余韻に浸る時間が長くて、しばらく抜け出せそうにありません。

Tさん本当にありがとうございました。
一緒に堪能したHさんご家族ともご一緒できてよかったです。

まだ書き足りませんが、このくらいにしておきます。

娘、HIPHOPダンス!

育児
08 /22 2011
昨年の8月末には僕のBandライヴがありましたが、
今年は娘がライヴをやってくれました。

地元でHIPHOPダンス教室に数ヶ月前から通い始め
昨日はその発表会。

ひとつは“うんちっち体操”(笑)。
2曲目は“Mr.Worldwide”という今人気のPitbull(洋楽です)の新曲。

特に2曲目は覚える動作が多く、リズムに乗るのが難しいので
最初家で踊って見せたときには「大丈夫か?」と思いました。

それでも3日前くらいからの追い込みはすごく
家でビデオを見ながら練習&練習、
発表会当日も3回のリハーサル。
きっと先生も焦っていたでしょう。

その甲斐あって、本番では
たくさんあった課題をクリアして
元気に踊っていました。

小さく産まれた娘も
いまやダンスが踊れるようになるとは。
頼もしくなってきました。
うれしく、ありがたい思いです。


ビーバースカウト

育児
07 /31 2011
ボーイスカウトの弟分に
カブスカウトがあるのは知っていましたが
さらに妹弟分に“ビーバースカウト”というのがあるのは最近知りました。

1986年頃、カナダが発祥ということで
それで“ビーバー”という名がついていると。

カブスカウトには小学生のころ入っていました。
毎週土曜、学校が終わってから
合羽橋のそばまでバスに乗って通い、
いろいろな遊びを教えてもらったり
掟のようなきまりがあったり
泊まりでキャンプに行ったり
いまでも印象に残る少年団でした。

築地本願寺を拠点に活動しているビーバースカウトに
娘を入団させることにしました。

2回にわたり、体験入団したのですが
工作があったり、パンケーキを焼いて食べたり
踊ったり、歌ったりと
子供にとっては楽しそう。
そして、礼儀をたくさん教わります。

幼稚園は主に同学年の子供たち同志で遊びますが
ビーバーはお姉さんお兄さんもいて
いずれ自分もお姉さんになる。
そこできっと成長を感じるのかもしれないな。

9月から活動開始です。



鎌倉散歩

育児
06 /05 2011
パパ友、Tさんのアレンジで
アロハス株式会社吉原社長のガイドによる鎌倉散歩に
家族で行ってきました。

ここ数日間のなかでも最高の晴天に恵まれ
横須賀線に乗ってウキウキ気分で
総勢30名以上のパパ、ママ、キッズが鎌倉駅に集合。

銭洗弁天から
源氏山公園でシートをひろげて昼食(鉢の木さんのお弁当美味しかった!)
フルーツバスケットゲームで大笑い
本格的な山道でアドベンチャーファミリーしたあと
海蔵寺で休憩
そのまま鎌倉駅方面を散歩して
RISTORANTE CIPOLLINOで夕食パーティ~美味しいお酒と料理。

我が娘は夕食パーティ到着前でおんぶしたときに
眠りに入ってしまいました。

震災以来、常に底辺にある不安のなかで過ごしていた
子供たちがなにもかも忘れて、
自然のなかでひさしぶりに大いにはしゃいで
心底、伸び伸びできたのだと思います。

親同士の会話も
どうしても震災や原発の話になりがちでしたが
この日ばかりはそんな会話はひとつもなく
心地よい風にこんな仲間がいてよかったなあと。

いつもながら素晴らしい企画のTさんに感謝です。



乗馬はじめています

育児
02 /02 2011
昨年の10月下旬から乗馬をはじめました。
パパ友であり、家族ぐるみで仲良くさせてもらっているTさんのお誘いです。

「家族で楽しめる」「自然と触れ合う」というテーマと
昨年7月の乗馬体験があったので
ビジターで行ってみようと思ったのがきっかけです。

敷居が高いイメージがあったのですが
Tさんにご紹介いただいた乗馬クラブは
料金もリーズナブルなだけでなく
スタッフの方々や通っている方々も
みなさん気取らない楽しい方ばかりで
家族3人とも安心しました。

それどころか、毎日のように
繊細な馬の性格と
素晴らしい自然に囲まれておられるせいか
都会の人間が忘れてしまったような
無垢な優しさ、人間と自然への洞察力の深さを
言葉の端々から感じられ、毎度感心いたしております。

ビジターのときを含めて
まだ10回くらいしか乗っていないので
やっと乗馬の入り口に立ったという感じです。

今日の練習で
初めて、先生の手綱をはずして
馬と自分だけの歩きや速足を15分ほど経験しました。

馬の背に乗っているだけのようですが
馬上にてすべきことはたくさんあって
ちぐはぐ、慌て、思考しすぎ、思考停止など
自分の性格まで知ることになり
深いのなんのって、いやはや難しい。

男45歳を超えて、
まったく初めてのことにチャレンジするということも
思ってみなかったことですが

同じく、初めての妻と一緒に
行きや帰りの車の中で
あーでもない、こーでもないと話したり
娘が自然と馬の上でリラックスしたりしている姿をみて
続けられる何かを発見できたことは
とてもラッキーだと思っています。